「二十一世紀民藝」

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 11:27

 

 

赤木明登さんの「二十一世紀民藝」刊行記念トークイベントに行ってきました。

 

ゲストは哲学者の鞍田崇さんです。

 

 

「二十一世紀民藝」

これからの民藝、ものつくりのこと。

 

今まで漠然と感じていたことが赤木さんの言葉ですっと納得できたり、さらに課題を投げかけられるようでもあったり、、、そんな時間でした。

 

それを胸にしっかと置きながら、結局は自分で感じ考え模索し探求していくことで、道が見えてくるのかもしれません。

 

 

赤木さんが、著書の表紙裏に綴ってくださった、「風定まりて」の詩句を自分なりにかみしめています。

 

動の中の静、静の中の動。心の目で見て心の耳で聞く。

 

自然と向き合うということはそういうことなのかなと思います。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM