新しい景色

  • 2018.04.12 Thursday
  • 12:47

 

 

 

新しい土地に引っ越して、ようやくペースがつかめてきました。

 

今までに比べ、コンパクトでシンプルな暮らしです。

 

 

緑に囲まれて(雑草も含めてですが、、)、特に朝は鳥の声がうるさいほどだった葉山の家。

 

築80年以上の平屋の日本家屋は、ラフでおおらかで懐の深いものでした。

 

身近に海があって、地域の人の意識も高くて。

 

もちろん現代の暮らしには不便なところがあったのも事実です。

 

それを家族で工夫したりブーブー文句言ったりしながら、面白がって暮らせたのは、とってもよかったと思っています。

 

 

新しい家は、工夫しなくても便利にできているなぁという感じ。

 

それが当たり前なのかもしれませんが。

 

大げさかもしれませんが、生きていくための人間力が衰えないかしら、なんて心配をしてしまう。

 

 

ただ、今の家に決めた最大の理由は開放感でした。

 

朝日も夕日も月も雲の流れも、時には大きな虹も家から見ることができます。

大きな虹

 

 

そして、自然に囲まれた葉山の時よりも、意外なことに時間がゆっくりしているように感じます。

 

外出時の移動の時間がとっても減ったおかげで、家で過ごす時間に余裕ができました。

 

 

東京という街は、私にとってはまだまだ魅力的です。

 

様々な人がいて、それだけの営みがあって。

 

眩しいところも、影も。

 

そんなことを感じ吸収しながらの布づくりが今から楽しみです。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM