日本民藝館展

  • 2017.12.11 Monday
  • 11:00

 

 

今年度の日本民藝館展、始まっています。

 

民藝館展2017

 

 

 

 

 

 

 

 

   手紡ぎ綿マフラー2点、展示されています。
 

 

先週、講評会に参加してきました。

 

ゆったり展示作品を見ることができ、先生方の講評をうかがえて、他の作家さんのお話も聞ける貴重な機会です。

 

「民藝」の来た道と、これからの「民藝」について、私なりに考える時間になりました。

 

 

正直なところ、今までは「民藝」という道を進む人たちを、沿道から応援するような、自分からは遠い憧れの目で眺めていました。

 

民藝館展の趣旨は、「伝統的な手仕事と、新しい生活工芸の発展を図るために、暮らしに役立つ健やかな工芸品の出品を募って、その優秀作を展示紹介し、普及させることを目的とするもの」です。

 

そこに曲りなりにも出展して、民藝館という場所で展示販売していただけることが、どれ程ありがたく責任の重いことなのか、考えさせられました。

 

自分の作品は全ての面で至りませんが、民藝の価値や民藝の未来を考える場に末端ながら加わらせていただけることのありがたみと責任を肝に銘じなければ、と思った一日でした。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM